ご挨拶

私は、ブロックチェーンの本来の可能性は無限大だと考えており、この技術の産業導入を真剣に検討している専門家です。

ただし、この技術には未熟な点も多く、その結果、ブロックチェーンを活用しようとするプロジェクトは、しばしば前例のない挑戦になります。

たとえば、流通トレーサビリティシステムを実現するために、ブロックチェーンを使用する取り組みは世界中で行われており、これは標準的なシナリオですが、ブロックチェーンだけでは、流通プロセスに関与する多数の人々を適切に認証し、情報開示先を適切に管理する高度な製品トレーサビリティシステムを実装できません。

ブロックチェーンは万能の特効薬ではありません。

ブロックチェーンを使用してできることは、ドキュメント(ここではトレーサビリティ情報)の存在と、ドキュメントとドキュメント間の一貫性を保証することです。

ブロックチェーンによって保証されたドキュメントへのアクセス制御は、個別に検討する必要があります。

IDベースの暗号化、属性ベースの暗号化、認証方法としての生体認証、秘密共有を使用したアクセスキー管理など、アクセス制御に使用されるテクノロジーにはさまざまな組み合わせがあります。

また、それらを効果的に使用するためのハードウェア・デバイスソリューションも必要になってきます。

エコシステムを俯瞰的に見て全体を設計する能力は、ブロックチェーンプロジェクトの成功に必要な感覚です。

私どもは、これらのような観点をもつプロフェッショナルとして、ブロックチェーンの社会実装に取り組んでおります。

カレンシーポート株式会社
代表取締役・CEO 杉井 靖典

お気軽にお問い合わせください。03-4540-2888受付時間 10:00 - 18:00 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。